バリカタさんのメンタルTimes

メンタル・健康・人間関係・仕事・悩み解決~人生が好転する40代からの新しい生き方~

1%の勇気

 

こんにちは!

今日は勇気のお話しです。

 

皆さん、何かを始めようと決断して

 

はじめの1歩を踏み出す時ってなんだかすごく勇気が要ると思いませんか?

 

f:id:creation_tk:20190318102650j:image

僕も前はそう思っていたんです。

 

ところがですね、そうでもないようなんですよね。

f:id:creation_tk:20190318103112j:image

 

どういうことかというと、

 

僕が過去に上手くいったこと、

成功したこと、

大きなチャンスにめぐりあえたこと、

それらをよーく振り返ってみると、

 

たしかに全てが勇気を出して1歩を踏み出した事から始まっています。

f:id:creation_tk:20190318103141j:image

 

それは間違いないです。

 

でもですね、自分では物凄く勇気を出して、

ものすごく大きな一歩を踏み出したと思っていた事が、今頃になって思い返してみたら、

実はどうもそうでもないようなんですよね。

 

僕はそんなに最初からメンタルが強かったわけではなかったので、

どんな時も新しい1歩を踏み出すには、

ものすごく勇気が要りました・・・この勇気と決断が大事だととつい最近まで思ってました。

 

でも、最近あるクライアントさんに、

メンタルトレーニングの

オーダーメソッドを作ってる時に、

 

(僕がメソッドを作る時は、自分の経験も含めて作り上げていくので、過去の実際のエピソードや経験から実践して結果が出たノウハウを書き出していきます)

 

ある時、過去にすごく勇気を出して始めた事と思っていた挑戦があったんですが、

 

ん?あれ?あの時ってそんなにすごい勇気が出せたっけな?・・・?

あれ?なんか半分ビビりながら猫パンチ並みの手の出し方しか最初はできなかったんじょなかったっけな?

f:id:creation_tk:20190318103420j:image

あれー?そのあとなんであんなにうまくいったんだっけかなー。

と、少し疑問になった事があったんですね。

 

で、よくよく思い出してみてわかった事があります。

 

過去うまくいった事をハッキリと明確に一つ一つ検証していくと、

 

そのきっかけは、

ものすごく勇気を出して大きな1歩を踏み出したというのは間違いで、

 

現実は、勇気を振り絞って振り絞って

やっと1%ぐらいの勇気が「ピロリン♪」と、ほんの少し出て、

 

そこから1%分のすご〜くひ弱な1歩から始まっている事の方がなんだか多いんですね。σ(^_^;)

 

 

でもですね、ここからです…僕が言いたいことは…。

 

例えどんなにビビりながらの小さな一歩でも、それでも1歩は1歩なんだということです!

f:id:creation_tk:20190318103649j:image

なんだか過去のうまくいった出来事を振り返ってみると、

 

現状がどんな状況であっても、

思い悩んで何も始めないうちは、

何も変わらないという事です。

 

それにほとんどの成功者が言うように、

新しい1歩を踏み出したその時点で、

そのことは99%は成功しちゃってるんだという事なんですね。

 

f:id:creation_tk:20190318103141j:image

一歩を踏み出したあとに、

その残りの1%を全力で取り組む。

どうもこれが成功の設計図になってるようです。

f:id:creation_tk:20190318103850j:image

世の中には いつも僕と同じように勇気が1%しかない人も多いと思いますけど、

 

僕は声を大きくして言います。

「大丈夫っ!」

 

たいそうな勇気なんてなくても1%の控えめな1歩でいいから踏み出せば99%まで成功です!

 

あとの1%をどうやったら成幸するか、

学んだり教わったりして努力をするだけです。

f:id:creation_tk:20190318103935j:image

 

現状打破する人も、夢に向かっていく人も、

大切なのは1%の勇気でいいから

小さくでもひ弱でもいいから、

それにむかって ほんの少しの1歩です。

f:id:creation_tk:20190318103958j:image


そんな事を思った3月の折り返しの月曜日でした^^

 

という事で僕も新しい事はじめます。

さてと…。

f:id:creation_tk:20190318021135j:image

それではまた!

バリカタ こと 角 忠憲