バリカタさんのメンタルTimes

メンタル・健康・人間関係・仕事・悩み解決~人生が好転する40代からの新しい生き方~

Vol.3 続・続・成功と成幸〜自分史を振り返ると、今の自分がどうやって出来たのかわかる

更に前回からの続きです

 

久しぶりの我武者羅スイッチ

『お前あほか?ここは学校でなくて会社だぞ?自分でそこまではできるように…というか、学校で終わらせてくる事を終わらせてきてないお前が悪いんだろう?ちゃんとそこまで自分で追いつけよバカタレ!』

 

ブチッ(-_-メ)

 

僕の頭の中で何かが切れる音がしました。

はい、中学生ぶりにあの無謀な我武者羅スイッチが入りました。

 

それからというもの、

ひたすら毎日、皆が帰ってしまった後の機材倉庫で一人、夜中、朝方まで機材を広げて

説明書を読みながらひとつひとつチェックして、

理解出来たら、実際につないでみて、即席のコンサート会場の様にして

小さく音を出してみたりしました。

ある日、夜中にコンサートホールで出すような爆音が出てしまい、

近所中の電灯がついて焦ったこともありました^^;

ご近所のみなさん、あの時の爆音は私です。。すみませんでした。

m(__)m

 

毎日寝不足でしたが、1ヶ月もあればほとんどの事は理解出来て、

接続もできるようになりました。

超寝不足の毎日でしたが、そこはまだ20歳なので体力も十分できたし、

何の問題もありませんでした。

 

現場デビュー

僕がまさか別人なみに機材を把握しているとは誰もしらないのですが、

そんな日々が1週間ほどたった時、前に僕に「お前あほか!」といった先輩から、

大きな現場の仕事に人手が足りないから、

新人3人とも来いというお達しがあり、

とうとう、僕は現場に向かうことになったのです。

 

そして、いよいよその時はやってきました。

『新人はステージ担当の別の先輩たちに指示を仰ぎながら、

できることは自分で考えてテキパキとセットしていくこと!』

『時間ないからな!もたもたすんなよ!』

と号令がかかりました。

僕の頭の中で「ファンファーレ」がけたたましく鳴り響きました。

 

プチ革命

そこからの僕は、疾風の様にセッティングをしまくりました。

バタバタとすべてのコードをつなぎ終わると、

「おわりました!チェックお願いします!!」

 

現場は、何がおきたのかちょっとだけみんな把握するのに時間がかかるほど

意外な出来事だったようです。

 

ですが、そこでやはり認めてもらって、その日以降はたくさんの現場に

入れてもらえるようになり、

メジャーミュージシャンのツアーを行う東京の会社にも出向したり、

かなり忙しいくなりました。

 

またもや

我武者羅やりすぎスイッチが入ってる僕は、

また中学生の頃の苦い経験を忘れ、睡眠時間もあまりとらずに、

沢山の仕事を掛け持ちしまくってぶっ通しで働いていました。

そしてさすがに22歳といえども無理が過ぎて倒れてしまいました。

 

今思えば、完全に自律神経失調症になっていました。

全身から冷や汗が出て身体がうまく動かなくなり、

言葉がうまく発せられないぐらいの重症で、

病院では3ヶ月ほど仕事を休んでゆっくりと静養するように言われました。

 

はい、でましたね。。。またもや、無謀な我武者羅スイッチにより

身体を酷使してしまい、また自爆。

結局そのまま復活に6か月ほどかかってしまい、仕事も退職してしまいました。

 

単細胞というか、学習能力がないというか、

つくづくバカだったなあと思います。

 

成功と成幸

僕は、我武者羅にがんばってポジションを獲得しても、

健康を損なってしまうと意味がない事にやっと気づき猛省しました。

そして、健康だけでなく、それまでプライベートの時間をすべて仕事に費やして

友達とも遊ばず、休みの日は一日中寝て仕事への体力温存にあてるか、

休み返上で仕事にいくかの生活をしていましたが、

それもやめ、プライベートは趣味を楽しんだり、友人との交流を楽しむ時間をつくるようにしました。

そして体も心もしっかりと休養をとり、また仕事にいくというルーティンを大切にしようと思いました。

たしかに、仕事をしていると、勝負しなければいけない時や、

業績がピンチで、頑張って乗り越えないといけない時はあると思います。

ですが、ある一定の業績を出したあとや、目標を達成した後は、

そのまま我武者羅を続けるのではなく、

ちゃんと、いい仕事をして、休日はプライベートを充実させたり、

しっかり休養をとったりと、メリハリをつけて、

仕事にさらなるやりがいや、生きがいを見出せるようなライフスタイルづくりが大切ですよね。

 

功を成しても、幸せの伴わない成功は本当の成功ではないかもしれませんね。

本来、幸せになるためにするのが仕事の目的のはずですからね。

 

幸せに成る。=「成幸」

僕はそのころから、この成幸の字をよくつかうようになりました。

 

幸せが伴わない成功は本当の成功ではない。

幸せに成るために頑張る。

 

これからも、仕事はサクセス。プライベートはハピネスを目指していきたいと思います。

成功と成幸の話は、つい長くなってしまいましたが、

読んでいただいてありがとうございました。